Windows10でタスクバーの通知領域を整理しよう

Windows10にはタスクバーの右側に通知領域(インジケーター)というものがあります。

  

音量やバッテリー残量、起動中のアプリケーションのアイコンが並んでおり、各機能の状態などを確認する事が出来ます。

 

これらのアイコンはタスクバーに常に表示されるものと、普段は隠れていて[^]ボタンをクリックすることで見えるようになるものがあります。

 

常に表示させておくか、普段は隠しておくかは設定で変更する事が出来ます。

設定しよう

スタートから歯車アイコンをクリックして設定画面を開きます。

 

    ↓

 

個人用設定をクリックします。

 

    ↓

 

左側の一覧からタスク バーを選択してから

タスク バーに表示するアイコンを選択します」という場所をクリックします。

 

    ↓

 

通知領域に表示されるアイコンの一覧が表示されます。

先頭にある「常にすべてのアイコンを通知領域に表示する」を「オン」にすると全てのアイコンがタスクバーに並びます。「オフ」にした場合はアイコン毎にオン・オフを設定する事が出来ます。

 

普段あまり使わないようなアイコンはオフにして画面をスッキリさせると良いでしょう。