Windows10のスタートメニューにショートカットを追加

インストーラを使ってアプリケーションをインストールすると、ほとんどの場合スタートメニューにアイコンを登録してくれます。

 

でも、フリーのツールアプリなどインストーラが無いものもありますよね。

そのようなスタートメニューに登録されないアプリケーションでも、以下のようにすれば自力でスタートメニューに登録する事が出来ます。

すべてのユーザー or 特定のユーザー

すべてのユーザーのスタートメニューへ登録するか、特定のユーザーのスタートメニューにだけ登録するかによって手順が異なります。

Windowsを複数のユーザーで使い分けている場合はどちらにするかをまず決めましょう。

スタートメニューへ登録の準備

スタートメニューへ登録するには、特定のフォルダへショートカットを作成するだけです。

エクスプローラでそのフォルダを開けばよいのですが、隠しフォルダになっているのでフォルダが見えません。

 

こちら↓の方法でまず隠しフォルダが見えるように設定しましょう。

Windows10で隠しファイルを表示する

スタートメニューへ登録(すべてのユーザー)

エクスプローラで以下のフォルダを開きます。

 

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

※OSがCドライブにインストールされている場合の例です

 

このフォルダにショートカットを作成すればOKなのですが、このフォルダに直接ショートカットを作成する事が出来ません。

 

一旦デスクトップなどにショートカットを作成してから移動しましょう。

この時「このフォルダへ移動するには管理者の権限が必要です」というメッセージボックスが表示されます。「継続(C)」ボタンをクリックして移動を完了させましょう。

スタートメニューへ登録(特定のユーザー)

エクスプローラで以下のフォルダを開きます。

 

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

※OSがCドライブにインストールされている場合の例です

※[ユーザー名]の部分はスタートアップに登録するユーザーの名前になります

 

このフォルダにショートカットを作成すればOKです。