Windows10のスタート右クリックのメニューでPowerShellをコマンドプロンプトに

コマンドプロンプトWindows PowerShell へ置き換えられています。

Windows PowerShell はコマンドプロンプトを強力にしたようなもので、今後はこちらを使ってねって事なようです。

 

といってもコマンドプロンプトが使えなくなったわけではありません

cmd.exe はちゃんと存在していますし、エクスプローラのアドレスバーに「cmd」と入力するとコマンドプロンプトを起動する事が出来ます。

※エクスプローラのアドレスバーに「powershell」と入力すると Windows PowerShell が起動出来ます

 

 

但し、スタートボタンを右クリックして(もしくはWindowsキー+Xキーを押して)出てくるメニューには「Windows PowerShell(I)」と「Windows PowerShell(管理者)(A)」しかなかったりします。

 

PowerShellがいいのは分かりますが、やはり使い慣れたコマンドプロンプトを使いたいという人は多いと思います。コマンドプロンプトをメインで使いたい場合は設定を変更してココをコマンドプロンプトにしてしまいましょう。

 

設定のやり方

設定は個人用設定から行います。

以下の手順で設定を変更していきましょう。

 

 

スタートから歯車アイコンをクリックして設定画面を開きます。

 

 

設定画面から個人用設定をクリックします。

 

左側のリストからタスクバーを選んでから、

[スタート]ボタンを右クリックするか Windows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロンプトを Windows PowerShell に置き換えるオフに設定します。