Windows10でアプリを管理者として実行

レジストリを変更したりOSに影響を与えるような動作をする一部のアプリケーションは自分が管理者である事を明示しないと動作が制限される場合があります。

 

そのような場合はアプリケーションを「管理者として実行」する必要があります。

※ユーザアカウント制御(UAC)という仕組みにより、管理者権限を持ったユーザーであっても必要な手順になります

右クリックで管理者として実行

アプリケーションのアイコンを右クリックすると「管理者として実行」というメニューがあります。

この「管理者として実行」をクリックしてアプリケーションを起動します。

常に管理者として実行

毎回わざわざ右クリックして「管理者として実行」を選ぶのは面倒くさい・・・という時は、以下のようにショートカットの設定を変更する事で、ダブルクリックで起動した場合でも管理者として実行されるようになります。

 

ショートカットを右クリックして「プロパティ」を表示します。  

「ショートカット」タブをに移動して「詳細設定(D)...」ボタンをクリック。

管理者として実行(R)」にチェックを入れます。