Windows10で隠しファイルを表示する

Windowsでは隠しファイルや隠しフォルダというのが存在します。

このようなファイルはエクスプローラでは通常表示されません。

 

勝手に変えられたり消されたりすると困るやつがこのように隠しファイルとなっているわけですが、時には隠しフォルダの中にあるファイルが見たいというようなケースも出てきます。

 

そんな場合は、以下ように設定を変更するとエクスプローラで隠しファイルや隠しフォルダを表示できるようになります。

エクスプローラの表示設定

エクスプローラを開いて「表示」メニューをクリックします。

隠しファイル」にチェックを入れます。

これで隠しファイルや隠しフォルダが表示されるようになります。

 

 

隠しファイルや隠しフォルダはアイコンが半透明で表示されるので消したり変更しないように注意しましょう。

エクスプローラの表示設定(フォルダオプションから)

上記の方法以外に、フォルダオプションからも同様に設定を変更する事が出来ます。

エクスプローラを開いて「表示」メニューの「オプション」クリックするとフォルダオプションが開きます。

表示」タブの詳細設定欄に「ファイルとフォルダの表示」という設定項目があります。

設定を変更後「OK」ボタンまたは「適用(A)」ボタンをクリックすると設定が反映されます。

 

隠しファイルの設定以外にも様々な設定が可能なので、好みに合わせていろいろ設定してみましょう。