Windows10のノートPCを閉じた時にスリープさせない

多くのノートPCでは、画面を閉じるとスリープ状態になると思います。

便利といえば便利ですが、ちょっとした移動の度にスリープになるのは面倒くさいと感じる人もいるのではないでしょうか。

 

また、画面を閉じてもスリープにならなければ外部モニターなどを繋いでデスクトップPC的な使い方も可能です。

 

 

電源設定を見直す事で画面を閉じた時の動作を変更する事が出来ます。

設定

スタートボタンの設定から電源の設定を行います。

 

歯車アイコンをクリックして設定画面を開きます。

 

    ↓ 

 

「システム」をクリックします。

 

    ↓

 

「電源とスリープ」を選択し「電源の追加設定」をクリックします。

 

    ↓

  

「カバーを閉じたときの動作の選択」をクリックします。

 

    ↓

 

カバーを閉じたときの動作の部分を「何もしない」に設定して「変更の保存」ボタンをクリックすると設定が反映されます。