C#のWPFでListBoxの選択行の色を変える その1

ListBoxで選択された項目の背景の色などを変更してみる。 

 

コントロールの状態によって見た目を変える場合はTriggerを使う。

IsSelectedプロパティがTrueの時だけ、ListBoxItemのBackgroundプロパティやForegroundプロパティを変更する。

ListBoxItemのスタイル設定は、ItemContainerStyleプロパティから行う事が出来る。

但し、これだけでは背景色の変更がうまくいかないようなので、ListBoxItemのTemplateも設定している。

XAML

<Window x:Class="WpfApplication1.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:WpfApplication1"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="250" Width="250">
    <Grid Margin="20">
        <ListBox>
            <ListBox.ItemContainerStyle>
                <Style TargetType="ListBoxItem">
                    <Setter Property="Template">
                        <Setter.Value>
                            <ControlTemplate TargetType="ListBoxItem">
                                <Border Background="{TemplateBinding Background}">
                                    <ContentPresenter />
                                </Border>
                            </ControlTemplate>
                        </Setter.Value>
                    </Setter>
                    <Style.Triggers>
                        <Trigger Property="IsSelected" Value="True">
                            <Setter Property="Background" Value="ForestGreen"/>
                            <Setter Property="Foreground" Value="Gold"/>
                        </Trigger>
                    </Style.Triggers>
                </Style>
            </ListBox.ItemContainerStyle>
            <ListBoxItem>test1</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>test2</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>test3</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>test4</ListBoxItem>
            <ListBoxItem>test5</ListBoxItem>
        </ListBox>
    </Grid>
</Window>

ListBoxItemのスタイルを設定 (11~29行目)

ItemContainerStyleプロパティからスタイルを設定する。

StyleのTargetTypeは”ListBoxItem”となる。(ComboBoxの時はComboBoxItem)

 

 

ListBoxItemのTemplateを設定 (13~21行目)

TemplateでListBoxItemの中身をBorderに書き換える。

BorderのBackgroundプロパティはTemplateBindingを使って元のBackgroundをセットしている。

Borderの中にContentPresenterを入れる事で項目毎のコンテンツを表示する事が出来る。

 

 

  

色を変える (22~27行目)

Triggerを使ってIsSelectedプロパティがTrueの時だけBackgroundとForegroundを変更している。

 

 

つづく