C#のWPFでリボンメニューをウインドウと一体化させる

前回はリボンメニューを追加する方法を紹介しました。

しかし、表示されたリボンメニューに違和感を感じたのではないでしょうか?

 

リボンがウインドウと一体化していません。

 

通常はリボンメニューのクイックアクセスツールバーと呼ばれる部分がウインドウのタイトル部分に配置されます。

リボンメニューをウインドウと一体化させる

リボンメニューのクイックアクセスツールバーをウインドウのタイトル部分の配置して一体化させるにはWindowクラスではなくRibbonWindowクラスを使います。

 

RibbonWindowクラスWindowクラスを継承したクラスなのでクラスを差し替えるだけでOKです。

クラス名を差し替える場所はXAMLとcsコードの2箇所です。

 

以下のように変更しましょう。 

XAML

<RibbonWindow x:Class="Prototype1.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:Prototype1"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="1000" ResizeMode="CanResizeWithGrip">
    <DockPanel>
        <Ribbon DockPanel.Dock="Top">
        </Ribbon>
    </DockPanel>
</RibbonWindow>

1行目と13行目を編集し<Window>要素から<RibbonWindow>要素へ書き換えます。

csコード

using System.Windows.Controls.Ribbon;

namespace Prototype1
{
    public partial class MainWindow : RibbonWindow
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
        }
    }
}

5行目の基底クラスをWindowからRibbonWindowへ書き換えます。

RibbonWindowクラスはWindowクラスから派生しているので既にコードを書き加えていても基本的には問題なく動作するはずです。

 

RibbonWindowクラスは名前空間System.Windows.Controls.Ribbonにあるので、1行目のようにusingで名前空間を指定してあげましょう。

 

 

2017/10/05 更新